オーガニックシャンプー

【待望】オーガニックシャンプーとは?ノンシリコンやボタニカルとは違う?

【待望】オーガニックシャンプーとは?ノンシリコンやボタニカルとは違う?

なんだか身体に良さそうな印象を受けるオーガニックシャンプー!

でもよくよく言われると、

オーガニックシャンプーって何?

って思いませんか?

ノンシリコンシャンプーとの違いやボタニカルシャンプーとの違いの説明をしてみてって言われてみると説明できる自信がない…。

なんとなーく無添加なシャンプーなのかな?と思っていましたが実は…?

 

そこで今回は、オーガニックシャンプーについてわかりやすく解説していこうと思います!

本当に身体に良いのか?オーガニックシャンプーの意味を漠然と理解している人はこの記事を読んできっちりと理解しましょー!

きっとシャンプー選びに役立つと思いますよ(*´ω`*)

目次

オーガニックシャンプーとは?

それではさっそく、そもそもオーガニックシャンプーって何?

ということを解説していきます!

オーガニックシャンプーの配合成分は天然成分だけ

オーガニックシャンプーとは、有機栽培でのみ配合したシャンプーのこと!です。

有機栽培(オーガニック)とは、農薬や化学肥料を使わずに水や太陽・土といった自然の恵みや有機肥料のみで栽培された農作物や植物のことを指します♪

いわば、天然原料でのみ構成されているシャンプー!のことなんですね(´艸`*)

オーガニック=無添加とは限らない

しかし!ここで注意点が必要です。

食品だと「農林水産省の有機JASマーク」=「オーガニック商品」という確固たる指標があるのですが、実は化粧品に該当するシャンプーには「これがオーガニックシャンプーだ!」という明確に統一された指標がないんです…!

あくまで、現時点での日本の「オーガニック」の基準は、

  • 過去2年間で農薬も化学肥料も使用していない土壌で栽培していること
  • 農薬や化学肥料は原則として使用していないこと

この2つだけです!

海外では、

『オーガニック認定機関により認定された成分〇%以上配合』

といった厳格な基準を設けている国もあるのですが、日本はそのように明確の数値基準が決められているわけではないため、比較的緩い条件でオーガニックシャンプーと名乗ることができるようになっています。

そのため、日本国内における質の良いオーガニックシャンプーは各製品の成分から個別に判断するしかない!という実情があります。

このように基準を設けていないのは、そもそも化粧品が食品とは違い、農林水産省の所掌ではなく厚生労働省の所掌になるためJASマークをつけることができない!という理由があるのがひとつの要因です。

ゆみこ
ゆみこ
オーガニック成分にこだわり、シャンプーを選びたい人は成分をチェックしましょうね

オーガニックシャンプーとノンシリコンシャンプーとの違い

ノンシリコンシャンプーとオーガニックシャンプーは全くの別物!

オーガニックシャンプーは有機栽培だけを使った天然由来シャンプーのことを指し、ノンシリコンシャンプーはシャンプーの成分にシリコンが入っていないシャンプーのことをいいます。

なので、オーガニックシャンプーの中に、ノンシリコンシャンプーとシリコンシャンプーが存在していると思ってください(´艸`*)

 

ノンシリコンシャンプーとは、その名の通りシリコン未配合のシャンプーのことです。

シリコンは頭皮の毛穴に沈着するから使うべきではない!と話題になって一時期ノンシリコンシャンプーが大流行しました。

いまだシリコンって聞くと

悪いものだよね?

と思いがちですが、実は全くの誤解!

シリコン自体は髪の毛につやを与えてくれる超安全な成分なんです!

シリコンが悪いイメージが付いてしまったのは、このシリコンの良い特徴を悪用し、洗浄力が強すぎる成分を配合したシャンプーなのに、シリコンで無理やり綺麗に見せかけていた悪質なシャンプーが大量に市販されていたから!なんですね。

だからノンシリコンだから良い、シリコン配合されているから悪い、とは一概には言えないんです!勘違いしがちなのでしっかりと理解しておきましょうね!

オーガニックシャンプーとボタニカルシャンプーとの違い

続いて、これもオーガニックシャンプーと一緒にしがちなボタニカルシャンプー。

オーガニックシャンプーが有機栽培のみを使ったシャンプーなのに対し、ボタニカルシャンプーは植物由来のシャンプーのことを指します!

ゆみこ
ゆみこ
なので、ボタニカルシャンプーは植物由来であれば栽培方法は問われません。

つまり、オーガニックシャンプーの方がより条件が限定されたシャンプーだということですねー!

オーガニックシャンプーのメリット

ここまでオーガニックシャンプーについて解説してきましたが、

結局オーガニックシャンプーって何が良いの?

が知りたい人は多いはず…!

シャンプーは様々な種類がありますが、それぞれメリットとデメリットは大きく違いますので、自分の髪質に合ったシャンプーを選んでいくうえで各シャンプーの特徴を理解するはとっても大事!

早速みていきましょー!

メリット1:頭皮に優しい

オーガニックシャンプーのメリット一つ目は、『頭皮に優しい』ということです!

イメージ通りですよね♪

オーガニックシャンプーには、市販シャンプーのように刺激の強い界面活性剤を使用していないため、敏感肌の人でも安全に使うことが出来ます。

これがオーガニックシャンプーが他のシャンプーと違う最も大きな点ですね!

オーガニックシャンプーは頭皮への刺激が少ない

  • ラウロイルメチルアラニンNa
  • ココイルグルタミン酸Na

といった洗浄成分を含んだ、いわばアミノ酸シャンプーであるケースが多いです!

メリット2:抜け毛や薄毛予防につながる

オーガニックシャンプーの2つ目のメリットは抜け毛や薄毛予防につながる、ということです。

洗浄力が強いシャンプーは、頭皮の皮脂をごっそり落としてしまい皮脂が過剰分泌される原因になっていまいます。

皮脂の過剰分泌は、抜け毛や薄毛の主要因となるため、そのような髪への不安を抱えている方は刺激の少ないシャンプーがおすすめです。

その点で、オーガニックシャンプーは天然由来成分であり、アミノ酸シャンプーである可能性が高いため低刺激ながらしっかりと汚れを落としてくれるため、抜け毛や薄毛予防にもつながるんですね♪

メリット3:香りがきつくない

髪の匂いは人によって好みがありますが、特に女性にとってはシャンプー選びの大切な要素のひとつですよね!

オーガニックシャンプーは人工的な香料を使っていない!ので、他のシャンプーに比べて香りが強くない、というのも特徴のひとつです。

香りの強すぎないシャンプーが好きな方にとってはメリットになると思いますよー♪

また、オーガニックシャンプーの使用上の直接のメリットではありませんが、オーガニックシャンプーは農薬によって自然の動物や植物を無駄に殺さないので自然を守ることにも繋がります。

地球の環境の保護。オーガニックシャンプーを使うことで実は環境にも貢献をしていることにもなるんですね(´艸`*)

 

オーガニックシャンプーのデメリット

続いて!オーガニックシャンプーのデメリットも紹介していきます!

デメリット1:使用期限が短い

オーガニックシャンプーの1つ目のデメリットは「使用期限が短い」ということです!

通常のシャンプーは容器に使用期限が記載されていないのですが、これは薬事法により

使用期限の表示については、適切な保存条件の下で製造後3年を超えて性状及び品質が安定であることが確認されている医薬品において法的な表示義務はない

【引用元】薬事法

と規定されているためです。

つまり、通常のシャンプーは未開封であれば3年以上使うことが出来るんです!

 

一方、オーガニックシャンプーは劣化を防ぐ防腐剤が使用されていないため、使用期間がグッと短くなります。

基本的にオーガニックシャンプーの使用期限は未開封であっても1年半~2年と言われています。

ゆみこ
ゆみこ
オーガニックシャンプーは容器にも使用期限が掲載されている場合が多いです!

デメリット2:植物アレルギー体質の方は注意

オーガニックシャンプーの2つ目のデメリットとしては「植物アレルギー体質の方は注意」が必要ということです!

オーガニックシャンプーは、基本的天然由来成分を配合しているので、アレルギーになる可能性が低い!という特長がありますが、

一方で植物アレルギーの方は要注意です!

植物アレルギーの方は、オーガニックシャンプーを使って肌が荒れてしまう可能性がありますので、使用は控えた方が良いですよー!

オーガニックシャンプーをおすすめできる人

オーガニックシャンプーと一概に言っても、先ほど触れたとおり、オーガニックの基準が不明確なため、それぞれのメーカーが開発しているシャンプーによって配合成分が異なります!

なので、一概に「オーガニックシャンプー」はこんな人におすすめ!なんて無責任なことを言うわけにはいかないんですねー。

ただし!オーガニックシャンプー全般に言えるのは、今までのシャンプーで頭皮にかゆみや乾燥を感じたことがある人にはすぐにでもオーガニックシャンプーを試してみることをおすすめできる!ということです。

ゆみこ
ゆみこ
現在進行形で頭皮トラブルを感じている人にもオススメです♪

オーガニックシャンプーは安全・安心の天然由来成分で構成されているので、今まで使っていたシャンプーと成分に違うので、ぜひぜひ一度試してみることを推奨しますっ!

オーガニックシャンプーの使い方

続いて、オーガニックシャンプーを使って洗髪するなら、必ず守ってほしい!使い方を解説していきます!

シャンプーも大切ですが、髪の洗い方も同じくらい重要ですので、しっかりとオーガニックシャンプーの使い方を理解し最大限の効果を実感してくださいね♪

オーガニックシャンプーはこすりすぎないこと!

オーガニックシャンプーは天然成分で構成されているので、通常のシャンプーよりも泡立ちが少ないのが特徴です!

泡立ちが少ないと、ついつい頭皮をこすり過ぎてしまいがちですが、あまりにゴシゴシしすぎてしまうと頭皮を傷つけしまうので強く擦らないように注意しましょう!

具体的に洗い方をこれから解説していきますので、オーガニックシャンプーを使う時は必ずこの手順を守って使用するようにしましょう(´艸`*)

オーガニックシャンプーの使う順番

オーガニックシャンプーの使い方を解説していきます。

手順1:まずはきっちり汚れを落とす!

シャンプーを付ける前にまずはお湯でしっかりと髪を濡らしマッサージするように汚れを落としておきましょう!

頭皮や髪の汚れの80%程度は水溶性の汚れといわれ、お湯で洗い流すだけで洗い流せるものです!

ゆみこ
ゆみこ
予洗いはとっても重要なんですよー♪

手順2:頭皮から髪までしっかりと水を含ませる

汚れを落としたら、頭皮から髪までしっかりと水をふくませましょう!

シャンプーの泡立ちにも関係してくるので、この工程もさぼらずに!

手順3:シャンプーを揉みこむようにつけていきます。

オーガニックシャンプーを1プッシュ~1プッシュ半(男性は半プッシュ)の量を手に取り、頭皮全体を揉みこむように洗っていきます。

使いすぎても頭皮のシャンプーが残乳してしまう可能性が高いので、1回に使う量は守りましょう♪

手順4:しっかりと洗い流します

洗い残しがないようにしっかりと洗い流していきます。

ざっくりと髪全体のシャンプーを落とす⇒指の腹でしっかりと落とす⇒シャンプー全部落ちたかな、というくらいで最後にオデコにシャワーヘッドを密着させ後頭部の方に洗い流していきます。

その後コンディショナーやトリートメントなどリンス剤を使って髪に栄養を与えてあげましょう。

 

オーガニックシャンプーを使って頭皮トラブルが起きない場合は、なるべく1本使いきってみてください!

1本使いきってサラサラヘアになっていればそのシャンプーはあなたの髪質に合っている!ということになります^^*

オーガニックシャンプーの保存方法

オーガニックシャンプーに限らず未開封のシャンプーを保存するときは、直射日光が当たる場所や高温多湿になる場所は避けましょう!

特に湿気が多い風呂場に配置するのはやめて、冷暗所に保存しておくのが最も優れた保存方法になります♪

開封済みのシャンプーもなるべくは冷暗所で保存するのがオススメですが、それが難しい場合は風呂場の外に出しておくのが本当は最も良いです!

オーガニックシャンプーのよくある質問

以上、ここまでオーガニックシャンプーについて詳しく解説してきましたが、他にもいくつかよく疑問に挙がるものがありますので、そちらを解説していこうと思います!

オーガニックシャンプーにリンスは不要?

基本的にオーガニックシャンプーにはリンスは必要です!

ただし、中には海藻エキスなどが配合されていることからリンスなしでOK!というオーガニックシャンプーもありますので、モノによります!

たとえば、

  • SCOS(エスコス) / オレンジシャンプーオーガニック

はリンス不要で質の高いオーガニックシャンプーですよ♪

オーガニックシャンプーはカラー色落ちしにくいの?

髪のカラーが長もちするシャンプーかどうか?というポイントは

  • 洗浄力が強すぎないこと
  • 保湿成分が含まれていること

の2点です。

もちろん、オーガニックシャンプーによって配合されている成分が異なるので、これは一概に入れることではなりませんが、洗浄力はアミノ酸シャンプーが多いので抑えてありますし、保湿成分が含まれているシャンプーも数多くあります。

なので、傾向としてはオーガニックシャンプーは色落ちしにくいシャンプーに該当すると思われます。

ただオイルが多く配分されていると、キューティクルの中に閉じ込めた髪のカラー色素が流出しやすいともいわれているので、オイルの配分量には注意(成分表の前にオイルが表示されている場合)が必要です!

ゆみこ
ゆみこ
世の中にはカラーの色落ちがしにくいカラーシャンプーというものがあるので、もしカラーを一番気にされるのであれば、そちらもおすすめです。

オーガニックシャンプーは妊娠中や幼児にも使えるの?

妊娠中は頭皮が不安定で、かゆみや抜け毛、頭皮が痛いといったことはよく言われます。

オーガニックシャンプーは低刺激&自然な香りでリラックス効果があるため、妊娠中には最適なシャンプーです!

頭皮は腕の何倍もの吸収力があり、風呂場で毛穴が開いた状態だと10倍もの吸収力になるというデータもあります!

安全でない危険なシャンプーを使ってしまうと、体内に吸収されてしまう可能性があるので、”安全”を第一に考えるなら妊娠中は界面活性剤が含まれていないオーガニックシャンプーがとってもおすすめです♪

また幼児用のオーガニックシャンプーも数多く出ており、肌荒れしやすい幼児にはとてもおすすめです。評判の良い幼児用オーガニックシャンプーは多数ありますのでチェックしてみてはいかがでしょうか?

オーガニックシャンプーの価格相場は?

オーガニックシャンプーは価格相場は1,000円~10,000円までピンキリです!

ただ、何度もお伝えしている通り、オーガニックシャンプーの基準は日本は不明確なため、単に「オーガニックシャンプー」というだけで安心してはいけ何ですね。

ひとつひとつ成分をみていかないと粗悪なオーガニックシャンプーを謝って購入しまうことにつながります。

ゆみこ
ゆみこ
通常は、天然成分を原料としているので、通常のシャンプーよりもコストが高くなります♪

良さそうなオーガニックシャンプーをしらべると大体3000円~8000円といった価格帯のが多いですね。

特におすすめなオーガニックシャンプーが「herb garden(ハーブガーデン)」です。

成分的には申し分ないので、オーガニックシャンプー何が良いかなーと悩んでいる方にはとってもオススメです!

初回半額キャンペーン中&全額保証付きなので、ぜひぜひ一度試してみてください(´艸`*)

⇒Harb gardenの公式サイトはこちら